top of page

「言葉遣い」その-1

言葉遣いのマナーで大事なことは、相手が不快な思いをしないという心遣いでしょう。

お稽古事では、ご自身より

年上の方。年下の方。

ご自身より年下だけど先輩。

その逆もありますね。

これは、社会に出ると

様々なところで当てはまります。


あなたは、

誰かを不快にさせていませんか?


言葉遣いの種類には、尊敬語、謙譲語I 、謙譲語II(丁重語)、丁寧語、美化語の

5つの敬語をうまく使う必要がありますが

日本舞踊のお稽古場では、年齢にかかわらず「綺麗な言葉遣い」を心掛けて頂きます。


先ずは~これっ


「超」「めっちゃ」「うまい」


せっかく綺麗な着物姿なのに、

こんな言葉遣いをしている人は、

ちょっと残念。





ジャージ姿でラーメン屋なら、「超うまい」なんて言葉も、特に違和感ありませんが(笑)


お着物のときには

「超」「めっちゃ」は、「たいへん」「とても」

「うまい」は、「美味しい」のように、

お着物をお召しの姿にふさわしい言葉を選びましょう♪


こういった言葉遣いは、口グセのようなものかと思いますので、

口に出す前に一瞬、頭の中で

「ほかの言葉に言い換えられないかな」と考えるクセをつけると良いのかなと思います。




私も、着物のときは綺麗な言葉で、

素敵な女性に見られるように…と思うのですが、

うっかり、常(つね)が出るものです(^_^;)


普段から、

気をつけたいと思いますm(_ _)m



by咲羅花                      

閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page