お月謝・チケット代金



花伎舞踊研究所 楽しい日本舞踊教室
花伎舞踊研究所では月謝・チケット制選択可能

日本舞踊に限らず

習字・書道・華道・お琴・など礼儀を重んじる

日本の伝統的な習い事の場合は、

師匠を敬う気持ちを「綺麗なものをお渡しする」ことで表してきました。ですから、お月謝は、「新札」この世界(伝統的な習い事の世界)「常識」一般常識とは違います。

先輩が後輩へ口伝できたもので会則や流派の決まりにも記されていません。常識と言っていいのか・・・?

いいえ、私は、「しきたり」になっているのだと思います。


(大丈夫!ドキッとしている方(^^)/ 

私は、新札に拘っていませんから~(^^)v)


私は、新札に拘るより

「お釣り」の無いように事前に準備する心掛け

「お月謝日にお休みされる場合は、事前に用意する」

準備がきちんと出来ている方ね~って思う!

無理な時は、一言詫びて次回の稽古日に持参する趣旨の連絡をする「振込させてください」ってメールが来ることもある!

あらっ真面目(^^)/(実際に振り込んでください!とは言いません。大丈夫ですよ~って優しいお返事を返します(^^)/)

思いやり~和の心~です(^^)v

昔~仕事先で・・・某〇〇トレーニングの若い先生が生徒に「レッスン代は、新札が常識よ!」と言っているのを横目でみて・・・・

レッスン代~新札?・・・常識? へぇ~「日本の伝統文化」だけでなく外国から来たレッスンもそうなんだ~って思った

ことがあったけどピアノや水泳・・・習い事~全部? 私の知っているのは、「日本の伝統文化」ここの部分ですから

他は、そこの代表に確認してください<(_ _)>


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示