top of page

常識「お行儀」子ども編


行儀良くいたしましょう。


「お行儀よくする

とは、どういうことでしょうか。

 反対に、「お行儀がわるい」のは、どんなことなのか考えてみました。

 

くつ」をそろえない、

きちんと「ごあいさつ」できない、

座り方」がだらしない、

などは、お行儀がわるいと言われますよね。

 

お行儀が良い」とは、

人に、不愉快な思いをさせず、

気持ちよく過ごすための、ふるまい方なのですね。

 

明日は、新年会で、お食事どころへうかがいます。

お食事の席で、「お行儀が悪い」と言われるのは、どういう行いでしょうか?

 

お食事のときに、走り回ったりするのは、もちろんお行儀が良いとは言えません。

 

また、食事は国によっていろいろな決まりごとがあります。

それを守らないことも、お行儀がわるいといえるでしょう。

和食では、お箸を使います。

 

〜お箸の使い方の決まり〜

◎持ち上げ方

1.右手で、箸の真ん中あたりをつまむようにして持ち上げる

2.左手の手のひらを上にして下から支え、右手を横に滑らせる

3.右手を返して下に移動させ、左手を外して正しく箸を持つ

(汁物のお椀を持って箸を取り上げるときは、両手で持ち上げたお椀を左手にのせた後、右手で箸を取り上げて左手の人差し指と中指のあいだに挟みます。そのまま右手を下に回し、左手を離して食べ始めましょう。)

 

◎嫌い箸(きらいばし)

食事をともにする人に不潔な印象を与え、不快にさせる箸の使い方を「嫌い箸(きらいばし)」と呼びます。食事中に嫌い箸をすることはマナー違反です。嫌い箸の一例を挙げておきましょう。

 ・にぎり箸:握りしめるように箸を持つこと

・刺し箸:料理に箸を突き立てて食べること

・迷い箸:箸を持ったまま、どの料理を食べようか迷って箸を動かすこと

・寄せ箸:箸で器を引き寄せること

・渡し箸:食事の最中に、小皿や小鉢の上に渡すようにして箸を置くこと

・ねぶり箸:箸先を口に入れ、残った食べ物をなめ取ること

 

 あんまりたくさん気にし過ぎて

せっかくのお料理の味がわからなくなったらもったいないですが、

ほかの人に不愉快な思いをさせず、みんなで美味しくいただくためにも、

普段から、練習していきましょう♪

 by咲羅花


閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page