top of page

常識「時間を大切に」その1

咲羅花

 

「時間は有限」「時は金なり」


時間とは、永遠に続くものではありません。

そう、誰にでも限りがあります。


私たちには、これを実感できる機会が、

4年に一度あります。


発表会です♡


稽古不足を幕は待たない。

という梅◯富美男の歌がありますが


「もっとお稽古しておきたかった」

「もっと自信をつけておきたかった」


と、舞台の度に私は思います。


(でも、プレッシャーも含め、人前で踊ること自体が、いちばん成長できるんですけどね♡)


また、舞台というのは、

限られた公演時間のなかで

観客を楽しませるため、


見た目は美しく、たおやか〜〜でも裏では、

タイトなスケジュールで、きびきびと動かなくてはいけないものです。




とは言え、まだあと一年ちょっとあるし…(^。^)


と思ったりする今日この頃。


「時は金なり」

と、頭でわかってはいても


ついスマホを見てしまう…


足袋を洗わなくちゃ、と思いながら、つい面倒くさくて後回しにしてダラダラ…


(全て私です。)


でも、このダラダラ時間は本当に無駄ですよね。


「時間を無駄にしないためには、

やるべきことの優先順位を考えること、そして、一つひとつ確実に終わらせることが大切です。」


…言うは易く行うは難し(^^;)


それでも、意識するだけで変えられることであると思います。


「ご自身が『時間を無駄』にしたことを振り返ってみてください。

自分の『時間を無駄にしがちなこと』を把握すると、

また同じ場面になったときに『また無駄にしているな』と気づけます。」


意識するために、自分の「時間の無駄だな…」と思うことを書き出してみるのも一つの手ですね。


\ちなみに/

「面倒くさい」という感情は

脳に余裕があるときに生まれるので、


目をつぶって片足立ち20秒、


とかやると良いそうです♪by



閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page