top of page

礼節を重んじる-1


マナーや礼儀を守ることは、他人と接するときに大事なことです。

ですが、家族間やお友達など親しい間柄でも

「親しき中にも礼儀あり」ということわざもあります。

「親しき仲にも礼儀あり」とは、“親しみが過ぎて遠慮がなくなると不和のもとになるから、親しい間柄でも礼儀を重んじるべきである”ということわざです。

親しい間柄だからこそ、良い関係を保つために相手への気遣いが大切だという事です。


本題に入ります。

「礼節」を簡単に説明すると「礼儀と節度」を意味する言葉です。

「礼節」と「礼儀」の意味は、密接した関係にありますが異なる意味を持つ言葉です。


「礼儀」の意味は、「社会の秩序を維持するために人が守るべき行動や作法、敬意の表し方」。

礼儀の例を挙げると「人と会ったとき、きちんと挨拶ができる」「丁寧な言葉遣いをしている」など…。「基本的なマナーや常識的な行動」のことです。


「礼儀」は、表面的な作法だけでなく、内面的にも相手を敬っていることが重要

いくら表面的には礼儀正しく見えても内面が伴っておらず、

一方的に押し付けているだけの「礼儀」は相手にも伝わります。

こういった態度の人に足りないものが「礼節」です。


「礼節」は「礼儀に対し、節度が加えられていること」

「節度」には「度を越さない」「ほどほど」といった意味があります。

つまり、「礼節」とは「状況や相手に応じて、程よい礼儀を示すこと」を表しているのです。


そのために必要なものこそが相手に対する敬意や慎みの心。

常に相手のことを考え、相手が心地よく思うような心の伴った礼儀のことを「礼節」と呼びます。



・初対面の人や目上の人には敬語を使う

・挨拶は目を見てきちんとする

・親切にされたらお礼をつたえる

ほかに何がありますか?一緒に考えてみましょう!by稀世花


閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page