top of page

足のうらの話

こんにちは♪

突然ですが、


足のうらの話です。


みなさんは歩く時、踊る時、立っている時、

足のうらのどこに、体重を乗せていますか?


前?後ろ?右?左?


一般的に「よい姿勢」でいるためには、

「足全体」に体重が乗るのが良いと言われています。




歩く時には、かかとから床について、親指で蹴って歩くと良いです。


踊りの時はどうでしょう?


一曲の踊りの中でも、

重心(体重を乗せるところ)は、

踊りの振りによって、何度も変わります。


前(つま先の方)に乗せる時もあれば、後ろ(かかとの方)に乗せる時もある。

右足と左足のどちらに、どのくらいずつ、体重を乗せるのかも、

振りによって変わります。


重心は、常に意識して、

「今この瞬間、どこに重心を置けば良いのかわからないぞ」という時は、

先生に聞くようにしてください。


また、

踊りの時に、体がグラグラしたり、フラフラしてしまう時には、

「足の指」を意識してみましょう。

意外と、足の指にグッと力を入れて踏ん張ると、安定します。


そんなことを、今、書いている私は、

5月末に「右第五中足骨」を骨折してしまい、手術しました。



右足の、小指と繋がっている骨です。

細い骨ですが、

体のバランスを支えるのに大事なのだそうです。

よ〜く意識してみると、足の指に力を入れた時に、バランスをとっていることに気がつくかもしれません。


骨の怪我は時間がかかります…。

リハビリして、遅れたお稽古も頑張って、合同稽古には参加したいと思います。


みなさまも、怪我だけはどうか、お気をつけくださいm(_ _)m


足のうらと、重心と、怪我のお話でした。 by咲羅花


〈参考〉

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page