1.挨拶をしましょう。


「おはようございます。」:玄関で

「ざいます」が付くので「丁寧語」挨拶の中でも

「おはようございます」は敬語なので目上の人に使えます。日本舞踊の世界(業界では)いつでも

「おはようございます。」

※歌舞伎の世界で裏方さんたちが、出番前の練習のために早く楽屋入りしている役者さんに「お早いお着き、ご苦労さまです」という相手をねぎらう言葉を省略して「おはようございます」と言ったことから始まったという説。

※その日に会った最初のご挨拶だから昼でも夜でも「おはようございます」となったという説。


「お願いします。(おねがいします)」:お稽古の始まり

「ありがとうございました。」:お稽古の終わり

気持ちを伝えるときの挨拶


「失礼します(しつれいします)」:部屋(お稽古場)に入る時

「失礼しました(しつれいしました)」:部屋(お稽古場)から出る時

部屋に入るときの挨拶


お稽古場で使えていますか?


「挨」(あい)の漢字は「打つ・押す」

「拶」(さつ)の漢字は「近づく・進む」

「押して進む・押して近づく」という意味になりますね~

「自分から進んで近づく」


どうして挨拶が大切なのかな?


1.挨拶ができる人は、常識のある人。

「けじめ」(節度を持った行動の一つ。区別。)

2.相手に対して敬意を払い相手からも好感を持たれる。

「自己アピール」

3.人間関係・人と人とのかかわりの中で大切な行為の一つ。

「コミュニケーション」


挨拶は、される前に自分からしましょう。

相手が言ってくれるのを待つのは、失礼です。

誰からも好かれる「挨拶上手」になってください。


※玄関で迎え入れる先生より先に挨拶が出来ていますか?

※お部屋に入る時。出る時。先生に挨拶出来てますか?




閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示