DX化とIT化

DXとはデジタルトランスフォーメーションの略です。経済産業省の定義を引用すると「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」を指します。経済産業省が2018年に発表したDXレポートの中で指摘した課題の内容は「DXが進まなければ2025年以降、最大で年間12兆円の経済損失が生じる可能性が高い」というもので、企業にDXへ取り組むことの重要性を訴えています。

難しいねぇ~(苦笑)

ビジネス・・・会社・・・そっか~

花伎舞踊研究所も一つの組織として進化していきます。


IT化とは、これまでアナログな方法で進めていた業務をデジタルに置き換えていくことを指します。DX化との違いは、DX化は「目的」であるのに対し、IT化はDX化を果たすための「手段」になります。


花伎舞踊研究所では、「オンライン」や「ペーパーレス化」など古き良き伝統の中に現代の考え方を反映させて前進あるのみです。


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示